タクシー業者に転職するなら調べておこう!知ってると安心な情報

タクシー転職前に知っておこう【抑えるべきポイント】

タクシー業者に転職するなら調べておこう!知ってると安心な情報

走る車

勤務形態

転職する前に知っておきたいのが、タクシー業の勤務形態です。勤務形態によって働きやすいかどうかを判断することができるため、自分にあった時間帯かどうか調べておきましょう。タクシードライバーの主な勤務形態は隔日勤務といった方法です。一回の勤務時間が最大21時間と長いため、翌日は明けで休みになるといった勤務形態です。

男女

給料形態

タクシードライバーに転職をするなら、タクシー業が歩合制ということを知っておきましょう。固定休にプラス歩合が支給されるため、自分の努力次第では稼ぐことができます。しかし、成績が悪くなってしまうと固定給事態が減額される場合もあるため注意しましょう。

タクシー

タクシードライバーの1日

タクシードライバーの朝は早いと言われているため、転職を考えている人は朝早くても大丈夫かどうか考えておきましょう。出社した後、アルコール検査を行ない、車の点検後点呼をとり出庫します。出庫した後は、なるべく多くのお客さんを乗せられるよう様々な場所で営業しノルマ達成を目指します。自分のペースで適度に休憩を時間を設けることができると言われているため、無理せず働くことができるでしょう。

黒い車体の車

二種免許取得が取れる

タクシー運転手になるためには、二種免許を取得する必要があります。そのため、面接をし合格したらタクシー業者が指定する教習所に通って免許を取得します。7日~10日程で取得することができるでしょう。

デビューまでの流れ

積み木の車

健康診断・二種免許取得

面接に合格した後は、健康診断をしタクシードライバーとして働くことが可能かどうか検査します。健康状態に問題が無ければ、二種免許取得のため指定された教習所に通います。

社外研修・新人研修

二種免許を取得したあとは、三日間ほどの社外研修を受けその後、実際に車に載って教官と一緒に新人研修を受けます。新人研修では接客方法やメーターの取り扱い方法・営業のノウハウを学んでいきます。

デビュー

全部の研修を終えたあと、ドライバーデビューをします。デビューをした後は、自分から先輩ドライバーに話しを聞き売り上げアップ方法などを学んでいきましょう。